ブロスタのチーミングとは何か?方法や対策を紹介

この記事では、ブロスタのチーミングについて紹介しています。

この記事を読むことで、ブロスタのチーミングとは何か?その方法や対策が理解でき、ゲームの攻略に役立てることができます。

ブロスタのチーミングとは何か?

ブロスタのチーミングとは、ソロバトルロイヤルで本来は敵同士のプレイヤーが、同じ射程キャラ同士で擬似的なチームを組み協力し、敵を倒し減らしていくことです。

チーミングは、ダイナマイクやバーリーなどの投てきタイプで良く行われます。

チーミングがよく行われるマップは、ガイコツ川、岸壁の決戦、激動の洞窟、灼熱の迷路、嵐の平野です。

このチーミングは、もちろん反則行為なのですが、ブロスタのバトルロイヤルでは後をたちません。

しかも、このゲームてはチーミングが黙認されているようです。

このチーミングをする行為は、プレイヤーによって賛否がわかれているようです。

ソロバトルロイヤルという本来は一人で戦うモードをチーミングでチームを作ってひとりのプレイヤーを潰しにいくのですから、本来のゲームの趣旨とはかけ離れていて、とても賛成などできるものではないという意見が多いです。

  

チーミングの方法を紹介

バトルロイヤルでは、本来自分以外はみんな敵であるはずですが、その敵同士がチームを組んで、2人一組で1人の敵を倒しに行きます。

チーミングしたい相手が見つかれば、その前でくるくる回り、戦う意志がないとアピールするのがチーミングを誘う合図です。

そして、誘った相手もくるくる回ってくれれば、チーミングは成立です。

もちろんその逆もありきで、自分の前で誰かがくるくる回ってチーミングを誘ってくると、自分もくるくる回ることで、チーミング成立です。

ただし相手が気づかずに何回もくるくる回るのは、他のプレイヤーから攻撃にあうかもしれないので、注意が必用です。

そして、チーミングには裏切りもあるので、その点も注意が必用です。

  

チーミングの対策を紹介

ゲームの序盤は、他のキャラクターと共闘するふりをしましょう。

そして、ゲームが進みチーミングした相手と敵対したら、とりあえず逃げましょう。

ひたすら逃げて2対1で闘うのは避けましょう。

もし、逃げる途中で相手を分断できればよいし、分断した相手を別の敵に当てることができれば尚よいです。

ブロスタのチーミングは、規約違反とまではいきませんが、これから規約違反になる可能性は十分にあります。

とはいえ、現状はまだまだ野放し状態なので、バトルロイヤルに挑む場合は、十分対策を調べてからにしましょう。

そして、いくらバトルに勝つとトロフィーがもらえるからとはいえ、当ブログの読者の方はチーミングには手を出さないようにしていただきたいです。

  

ブロスタのチーミングとは何か?方法や対策まとめ

チーミングについては、一人で立ち向かうことはせずに、避けるようにしましょう。

そしてこのブログの読者さんは、チーミングなどせずに、ルールに則って本来のバトルロイヤルを楽しみましょう。

さて、あなたはブロスタをプレイしていて、もっと強いキャラクターで勝負したいと思ったことはないですか?

でも、「ゲームにはお金をかけたくないな」

あなたがそう思っているなら、私は課金アイテムを無料でゲットする方法を紹介したいと思います。

 

このブログで一番読まれている記事はこちら